格安航空券を提供するLCCが台頭している航空業界ですが、向いている人とそうではない人がはっきりとわかれます。知らなければレガシーキャリアを選んでおいた方が良いこともありますので、利用したいのであれば格安航空券のことについて理解することが大切です。

■格安航空券が向いてる人
とにかく安く飛行機に乗りたい人に対象は絞られますが、そのなかでもLCCが定めるルールを守って、それを忠実に守れる人に向いています。機内サービスは有料になりますが、その他でも付加料金を取られることも多いです。搭乗手続きに手間が掛かり、スタッフを使うようなことがあるとそれだけで別料金が発生します。

予約をする前にわからないことがあり電話で聞いて予約するだけでも、1000円ほどとられます。自分のことは自分でする意志を強く持っている人ほど、格安航空券は向いているでしょう。

■向いていない人
レガシーキャリアのようなサービスが当たり前と考えるような方は、基本的に格安航空券を提供するLCCは向いていません。さまざまなサービスを削除した値段が、格安航空券に反映されています。そのような見方をすると、どれだけレガシーキャリアが努力しているのかがわかるでしょう。

万全のサービスを提供しているレガシーキャリアが良いと感じる人は、LCCは向いていません。搭乗するにしても、サービスがないことから不備を感じることも多いでしょう。飛行機はサービスがなければならない人はLCCは避けた方が賢明です。旅行や出張などで飛行機を選びたいときに、なるたけ安く目的地まで短時間で行きたいときはとても都合よく利用できるのが格安航空券です。レガシーキャリアには実現できないチケット代がそこにあります。