長期的や休暇や年末年始には、多くの日本人がハワイやグアム、韓国といった海外へ旅行しています。しかし、今現在日本人のパスポート所有率はとても低く、一部の人達が何度も海外旅行しているというのが今の現状です。今回は海外旅行における格安航空券とツアーの比較を通して、海外旅行の不安を一つでも解消できたらいいです。

【格安航空券】
ジェットスターやピーチといったLCCの海外へ空路の増加により、会社や学校で忙しくても気軽に行けるようになりました。また、LCCの乗り継ぎを使えば航空券で10万円以上したヨーロッパや南米に半額程度の価格で行けてしまう可能性もあります。しかし、家族旅行でおみやげをいっぱい買って帰りたい方や初の海外旅行の方にはおすすめできません。台湾といったビザなしでも行ける場所ならまだ大丈夫ですが、ビザが必要な国へ行く際は発行の手続きをしなければいけません。

【ツアー】
ツアーの場合、タイトなスケジュールだとしてもしっかりと名所をおさえていたり、旅行者の代わりにビザを取ってくれるなどの個人では出来ない手続きをしてくれます。また、近年ではオーダーメイドでツアーを決めることが出来たり、ホテル代と航空券だけのツアーもあるため初めての海外旅行者にはぴったりです。しかし、長期的な旅行や強いこだわりがある人には向いていません。食事や体験などが入ったツアーの場合、せいぜい10日間くらいです。そして、自由気ままに海外を楽しみたい方にとっても、ツアーはやはりせっかくの旅行なのに時間が縛られていて楽しめなくなります。

【初海外なら行き先と費用で考えよう】
以上のように、それぞれメリット・デメリットがあります。ここでは初海外に絞りますが、もし台湾や韓国、ハワイならば個人旅行のほうが安く済みます。この三ヶ所は日本人が多く行く観光地のため、日本語の案内や日本語が話せるスタッフがいたりするため、たとえ英語が話せなくても楽しめます。しかし、イギリスやフランス、アメリカとなると航空券や治安の問題などの影響でツアーのほうがおすすめです。格安航空券と比べると高くなりますが、やはり初海外となると万が一の可能性もあるため個人旅行は控えたほうがいいです。