パパ活の相場はどの位?金額交渉をしてもいいの?

パパ活の相場はどの位?金額交渉をしてもいいの?

パパ活の相場ってどんな感じなの?

パパ活の相場というのは実行するモノによって異なります。

  • 初回の顔合わせ 5000円~1万円
  • 食事のみ 1~3万円
  • デート 2~3万円
  • エッチあり 2~10万円

これらがパパ活の平均的な相場です。

パパに気に入られれば都度プレゼントが貰えたり、プラスαとして必要以上の交通費やお小遣いを貰えることもあります。

パパに気に入られる方法はあるの?

パパに気に入られるには女性としての魅力が重要になってきます。

外見であれば容姿やスタイル、中身であれば性格やサービス精神、スペックであれば学歴や職業などです。

大人になってからだとスペックはそう簡単には変えられないので、パパに気に入られるために外見と中身を努力する必要があります。

単純な話、外見が良くて不愛想な女性より、そこそこ外見が良くて愛嬌のある女性の方が一緒に居て楽しいですよね。

女性としての魅力を出すことでパパから気に入られることはもちろん、稼ぐ近道にもなります。

金額交渉はしていいの?

パパ活をしている女性のほとんどが金銭目的になります。

そのため相場よりも低かったり、サービスをしたわりには期待していたほど金額が弾まないとパパに金額交渉をしたくなりますが、基本的に金額交渉はしてはいけません。

というのも、金額を決めるのはあくまでパパだからです。

例えばパパとなる相手がそれほど経済力がなかった場合、「もう少し欲しいな」と女性が金額交渉をしたらパパは生活が苦しくなってしまうか、もう2度と会わないかの選択を心の中でします。

2度と会ってくれなくなる位なら少額でも稼げた方が女性にとっては都合がいいですよね。

また、女性の値段を決めるのはパパなので、いわゆる商品が口を出してはいけません。

パパが「楽しい」「また会いたい」などと思えば女性の商品価値は上がり金額も弾みますが、パパが「つまらない」「もう会いたくい」「お金を払う程の価値はなかった」などと思えば女性の商品価値は下がり必然的に相場以下になります。

こうしたことから女性は金額交渉について口を挟むことは基本的にNGとされ、もっとお金が欲しい場合は女性としての魅力を上げる努力をしたり、サービス精神を磨くことが大切です。

パパとなる相手から「いくら欲しい?」「これで足りる?」と質問をされた時は希望額を伝えると良いでしょう。

パパ活と愛人契約って具体的にどんな違いがありますか?

パパ活と愛人契約って具体的にどんな違いがありますか?

男性と楽しい時間を過ごし、お手当てやプレゼントを貰う。

同じような内容のパパ活と愛人は何かと混同されがちで、その違いが分かってない人も多いですよね。

一体、パパ活と愛人契約にはどんな違いがあるのでしょうか?

パパ活と愛人との違いは肉体関係の有無にあり!

パパ活と愛人契約の一番大きな違い、それは肉体関係があるかないかです!

パパ活では、基本的にパパとの間に肉体関係は持ちません。

しかし、愛人契約は肉体関係を持つのが前提で、パパも既婚者なケースが多いです。

また、愛人は互いに恋愛感情を持ってることが多いのに比べて、パパ活では恋愛感情があるケースは少ないんですね。

なので、愛人関係は長期になりやすく、逆にパパ活は短期の関係になりやすいです。

情が前面にでる愛人契約に比べて、ドライな関係なのがパパ活と言えるかもしれないですね。

なぜパパ活と愛人契約は同じ扱いになる?

ここまで見ると、明確な違いがあるパパ活と愛人契約がなぜ同じ扱いをされるのか?疑問に思ってしまいますよね。

実はパパ活と愛人契約が同じ扱いをされるには、ちゃんとした理由があります。

それは、パパ活でも肉体関係を持ってしまうケースがあること!パパに誘われて、お小遣い増額を提案されてなど、様々な理由で女の子側が自主的にパパとエッチしちゃうケースが多いんですね。

なので、お小遣いを貰ってエッチしてるじゃん!となり、パパ活と愛人契約は同じ扱いをされてしまいがちなんです。

勿論、肉体関係なしでパパ活をしてる人も多いですよ!パパ活と愛人契約の違いを紹介しました。

肉体関係があるかないか、これが一番の違いになります。

愛人のように深い関係になる事もないので、若い女の子が気軽に参入しやすい面もあるんですね。

この違いをしっかり頭に入れて、パパ活に励みましょう!

リファレンス=パパ活アプリ

タイトルとURLをコピーしました