進むべき方向性を教えてくれるチャネリング

進むべき方向性を教えてくれるチャネリング

電話占いの利用者が増えるなかで、チャネリングという占術があります。

この占術は高い次元の存在からメッセージを受け取り、自分の過去や未来を占うものです。

高い次元の存在とは「神」「死者」などで、特殊能力を持ったチャネラーが対話をしてくれます。

受け取ったメッセージを私達に伝えるのが役目で、今後の進むべき方向性を導き出してくれます。

チャネリングの手法が知られるきっかけになったのは、1972年に出版された「セスは語る」という本です。

その後10年ぐらいで一般にも知られるようになり、チャネリングブームへと発展していきました。

チャネリングという言葉の持つ意味は、「水路を開く」というものです。

これからの人生を切り開いていこうとする人には、ぴったりの名称です。

この名称は1980年代にアメリカで起こった、ニューエイジ運動から誕生しています。

ネットを利用した電話占いも登場して、ちょっとした占いブームになっています。

さまざま占い師が得意な占術で占ってくれますが、チャネリングも代表的な占術のひとつです。

日常生活のなかでは、「仕事」「恋愛」「対人関係」など多くの悩みがあります。

過去や未来を占うチャネリングは、あらゆる悩みに対応できて方向性を示してくれます。

ただし、自分の希望どおりの未来にならないこともあるので、心構えをしておく必要はあります。

いずれにしても今後の自分の姿を知ることができるので、進むべき道の参考にはなります。

タイトルとURLをコピーしました